2018年4月23日月曜日

祝50周年: プレートテクトニクスが我々にもたらしたもの (その2)


4月18日付「その1」からの続きです。

抜粋・テキトー訳を続けます:
黄金の記念日

プレートテクトニクスという偉大な統一理論は、今では50歳になっています。記念日の厳密な日付は、いつ理論が生まれたかの判断に左右されますが、1967年12月にダン・マッケンジーとボブ・パーカーによる論文が科学誌『Natue』に掲載されたことによって事態が進展したという一般的な合意があります。

この論文は、ダンとボブが「世界テクトニクスの敷石理論(the paving stone theory of world tectonics)」と呼んでいたものに、18世紀の数学者レオンハルト・オイラーの定理がどのように適用できるかを示すものでした。「敷石理論」は、その数年前にカナダの偉大な地球物理学者ツゾー・ウィルソンによって確立されていたものでした。ダンとボブのアプローチは、地球物理学者とそのコンピュータに、山々だけでなく大陸全体とそれを支えるプレートを動かす力を与え、過去1億8000万年の間に起きた超大陸パンゲアの分裂を再現することを容易にしたのです。

オイラーの定理の有効性を実証するために、ダンとボブは北太平洋を例として取り上げました。そこでは、10年ほど前にアメリカ海軍による詳細な調査がおこなわれ、バイン(Fred Vine)とマシューズ(Drummond Matthews)による海洋底拡大仮説を支持する反論の余地のない証拠が見つかっていたからでした。

北アメリカに対する太平洋プレートの回転のオイラー極を計算で求めることによって、ダンとボブは、プレート境界で測定された相対運動が彼らの予測と完全に一致することを示したのでした。数ヶ月後、ジェイソン・モルガンによる第2の論文が『Journal of Geophysical Research』誌に掲載されました。この論文は同じ定理を使って、アフリカ、北アメリカ、太平洋、南極のプレートの回転極を計算するものでした。

球面上の回転運動に関するオイラーの定理については、以下の資料の「Ⅱ. 球面上の運動は回転である」を参照してください。たとえば、なぜ大西洋の拡大速度が北に行くほど減少するのかは、ユーラシア・プレートと北アメリカ・プレートのオイラー極がそれぞれどの辺にあるのかがわかると理解できます:

(続く)

地震前の奇妙な現象を集めた動画

偶然見つけた YouTube 動画です。4位と1位は初めて見聞きしました:
  1. 球状の雲?(メキシコ)
  2. 虹色の雲(中国)
  3. 光る夜空(ニュージーランド)
  4. TVの野球中継に入り込んだ奇妙な音(アナウンサーにも聞こえている、アメリカ)
  5. 空を飛ぶ光体(メキシコ)

沖合に大型クジラ ― 富山県魚津市


4月22日、富山県魚津市(地図)の沖合で大型のクジラが泳いでいるのが目撃・撮影されました。マッコウクジラの可能性が高いとみられています。記事によると、マッコウクジラが日本海側で目撃されたのは、1998年・山口県油谷町(現・長門市)、2004年・新潟県柏崎市の2例だけ。「相当珍しい。うっかり迷い込んだのかもしれない」(国立科学博物館・名誉研究員):

富山湾を挟んで魚津市の対岸にある石川県七尾市では、能登島周辺に約17年間にわたって定着していたイルカの群れが2ヶ月ほど前に姿を消し、富山県氷見市沖に移動しています:

関連記事

小惑星 2018 HV が地球と月に接近


4月23日未明、小惑星〝2018 HV〟が地球と月に接近しました。

この小惑星は4月21日に発見されたもので、アポロ群に分類され、直径は 5~11m と推定されています。直径の小さい小惑星ほど発見が遅れ、地球接近(最悪の場合は衝突)の直前、あるいは接近・通過後になる傾向があります。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2018 HV5~11 (地球)4月23日 02:07
 (月)4月23日 02:46
0.40
1.34
(1LD=地球から月までの平均距離) 

この小惑星が最接近した時の地球との相対速度は秒速16.0km(時速約5万8000km)と計算されています。

このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。


関連記事

2018年4月22日日曜日

草津白根山で火山性地震増加、警戒レベル引き上げ


草津白根山(地図)では、4月21日夜から火山性地震が増加し、傾斜計にも変化が現れていることから、22日7時に噴火警戒レベルが「2、火口周辺規制」に引き上げられました:

関連記事

2018年4月20日金曜日

県道1号線付近から新たな噴気 ― えびの高原硫黄山


4月19日15時39分ごろに始まったえびの高原硫黄山(地図)の噴火活動ですが、20日16時30分ごろから硫黄山西側の県道1号線付近から新たな噴気が上がっているとのことです:

関連記事

定住イルカの群れが突如移動 ― 石川県七尾市、富山県氷見市


石川県七尾市の能登島(地図)周辺の海に17年ほど前から住み着いていたミナミハンドウイルカ(ミナミバンドウイルカ)の群れ(13頭)が、2ヶ月ほど前から姿を見せなくなり、富山県氷見市(地図)にある小さな入り江の中に移動しているとのことです:

関連記事

2018年4月19日木曜日

えびの高原硫黄山が噴火


えびの高原硫黄山(地図)が4月19日15時39分に噴火。火口周辺で噴石の飛散を確認。16時09分現在も連続噴火継続中。噴火警戒レベルを「2(火口周辺規制)」から「3(入山規制)」に引上げ:

関連記事

2018年4月18日水曜日

祝50周年: プレートテクトニクスが我々にもたらしたもの (その1)


プレートテクトニクスが誕生してから50年。今では政治家が比喩に用いるほど、その概念や考え方が各分野に浸透しています。

以下は海洋地球物理学者の Roy Livermore 氏のブログ記事(3月15日付)です。同氏は20年間にわたって英国の南極調査や南の海洋の地図作成や探査にたずさわり、‘’The Tectonic Plates are Moving!‘’(テクトニック・プレートは動いている!)という著書もあるそうです:

長い記事ですので、何回かに分けて抜粋・テキトー訳します:
プレートテクトニクスのように何百万年もの時間スケールで作用する現象は、私たちの現在の生活にはあまり関係がないと感じるかもしれません。しかし実際には、プレートテクトニクスが、私たちやその他の地球上の生命が存在している理由かも知れないのです。

トニー・ブレア首相が率いる新労働党政権の副首相であったジョン・プレスコット氏は、2004年にブレア首相の退陣の見通しについて「テクトニック・プレートが動いているようだ」と発言しました。それ以来、テクトニック・プレートのメタファー(隠喩)は、欧州連合(EU)離脱についての英国の国民投票や、ドナルド・トランプ氏の米国大統領への選出などに続く成り行きを含む、あらゆる主要な政治動向に対して使われてきました。しかしながら、ほとんど場合と同様、政治家は間違った思い込みをしています。実際には、‘’テクトニック・プレート‘’なるものは存在しないのです。テクトニックなのはプレートではなく、テクトニクス(地殻変動、地殻の動き)がプレート(板)に似ているのです。

(続く)

トカラの法則、バヌアツの法則


横浜地球物理学研究所」の上川瀬名氏のツイートから: