2017年11月19日日曜日

小惑星 2017 UA52 が地球に接近・通過


小惑星〝2017 UA52〟が10月21日に月と地球に接近していたことが判明しました。理由はわかりませんが、接近から1ヵ月近く経ってからのデータベース記載となりました。

この小惑星は地球接近後の10月25日に発見されたもので、軌道計算の結果、発見前に地球に接近していたことが判明したものです。アポロ群に属し、直径は 6~12m と推定されています。直径の小さい小惑星ほど発見が遅れ、地球接近(最悪の場合は衝突)の直前、あるいは接近・通過後になる傾向があります。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2017 UA526~12  (月)10月21日 04:27
(地球)10月21日 15:25
0.11
0.51
(1LD=地球から月までの平均距離) 

月への接近時刻には ±1:05、地球への接近時刻には ±1:01 の不確実さがあります。また、月への接近距離には 0.08~0.13LD の幅があります。

この小惑星が最接近した時の地球との相対速度は秒速9.3km(時速約3万3000km)と計算されています。

このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。


関連記事

2017年11月18日土曜日

地震トリガーとしての人間を過小評価するな


面白い記事に出会ったので紹介します。執筆者はサイエンス・ライターでSF作家の David Nabhan氏。〝Earthquake Prediction: Dawn of the New Seismology〟(地震予知: 新しい地震学の夜明け、2017年)など、地震について4冊の著書があるとのことです:

記事のタイトルにある〝underestimate〟は、「過小評価する」、「低く見積もる」、「甘くみる」、「見くびる」、「なめてかかる」という意味の言葉で、最近では米国のトランプ大統領が北朝鮮に対する警告の中で用いていたのが印象に残っています:
Today, I hope I speak not only for our countries, but for all civilized nations, when I say to the North: Do not underestimate us, and do not try us. We will defend our common security, our shared prosperity, and our sacred liberty.

(今日、私はわが国のみならず、すべての文明国を代表して話をしたいと思います。私は北に対して、「私たちを甘くみるな。私たちを試そうとするな」と言います。われわれは共通の安全と共有の繁栄、そして神聖な自由を守ります。)

NHK「トランプ大統領 北朝鮮に警告 韓国国会演説の動画と全文(日英)掲載」から

上掲の記事にはいろいろ興味深いことが書かれているのですが、以下にいくつか抜粋して紹介します:
  • ニコラ・テスラは、同じ場所で1時間45分ごとに1トンのダイナマイトを繰り返し爆発させれば、地球に自然に存在する定常波を(共鳴現象によって)増幅して、最終的には地球の地殻を割ることができる、と計算した。

  • ニコラ・テスラは、1898年にニューヨークで、彼が製作したマシンの実験をおこなった。その結果起こったことは、伝説、都市神話、あるいは事実として伝えられている ―― 初めは彼の建物が、続いて近隣の建物が激しく揺れ始め、警察が呼ばれる事態になった。結末は申し分のないものだった。マシンの作動を止める唯一の手段は大きなハンマーを使うことだったのである。

  • テクトニック兵器に関しては、米国はあと数ヶ月でプロジェクト・シールを発動するところまでいっていた。同プロジェクトは、450万ポンド(約2000トン)の高性能爆薬を日本の海岸から5マイル(8km)のところで爆発させるもので、それによって津波を発生させて日本の沿岸地帯に大規模破壊をもたらし、米軍の日本本土上陸作戦を容易ならしめる計画だった。この初の人工津波計画は、もう一つのトップ・シークレットのプロジェクトである「マンハッタン計画」が成功したことによってキャンセルされた。

小惑星 2017 WD が地球に接近・通過


小惑星〝2017 WD〟が、11月13日夜に地球に接近していたことが判明しました。

この小惑星は地球接近後の11月16日に発見されたもので、軌道計算の結果、発見前に地球に接近していたことが判明したものです。アポロ群に属し、直径は 7~15m と推定されています。直径の小さい小惑星ほど発見が遅れ、地球接近(最悪の場合は衝突)の直前、あるいは接近・通過後になる傾向があります。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2017 WD7~15  (月)11月13日 20:51
(地球)11月13日 20:54
2.86
1.86
(1LD=地球から月までの平均距離) 

この小惑星が最接近した時の地球との相対速度は秒速10.7km(時速約3万8000km)と計算されています。

このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。


関連記事

浦項地震 ― 韓国


11月15日午後2時半ごろに朝鮮半島南東部で発生したM5.4の地震は、韓国で近代的な地震観測が始まって以降では、昨年9月に慶州で発生したM5.8に次ぐ2番目の規模とのことです。韓国の報道では昨年の地震を「慶州(キョンジュ)地震」、今回の地震を「浦項(ポハン)地震」と呼んでいます。

浦項(Pohang、ポハン)市は大きな製鉄所があることで有名な工業都市です。米国地質調査所(USGS)の資料では、どういうわけか日本風の〝Hoko〟が使われています。「日帝残滓」ということで韓国から抗議が寄せられるかも知れません:

発震機構は、防災科学技術研究所の「AQUAシステム メカニズム解カタログ」(右図)や米国地質調査所(USGS)の Moment Tensor を見ると、横ずれ断層と逆断層の動きが混じったものであったようです。

韓国のメディアは今回の地震についてどのような解説を載せているでしょうか。韓国は地震が少なく、地震分野の研究者の層が薄いと言われています。そのせいか、ちょっとおかしな説明も見られます。韓国語から日本語に翻訳する過程でおかしくなったのかも知れませんが。

朝鮮日報』の記事は、昨年4月の熊本地震からの連鎖と捉えています。「今回の地震は、韓半島西側にあるインドプレートと東側にある太平洋プレートがぶつかり合って発生した衝撃が、プレートのひび割れを伝って噴出したもの」(韓国地質資源研究院のイ・ユンス博士)。インド亜大陸の北上がユーラシア大陸の奥深くまで影響をおよぼしているのはまちがいないのですが、「衝撃が、プレートのひび割れを伝って噴出」とはどういうことでしょうか:

ハンギョレ新聞』の記事は、2011年の東北地方太平洋沖地震からの連鎖という説明です。今回の地震の原因を、「走向移動断層」という耳慣れない言葉で説明しています。横ずれ断層のことだと思われます:

中央日報』には過去の地震の震源、主要な断層、原子力発電所の位置を示した地図が掲載されています。これは保存しておく価値がありそうです。「慶州地震は2011年3月11日に発生した東日本大震災の余波で発生し、今回の浦項地震は慶州地震の影響で発生したとみられる」(延世大学地球システム科学科、ホン・テギョン教授)、「今回の地震は梁山断層の支流である長沙断層付近で発生したものと推定される」(気象庁地震火山センター長、イ・ミソン氏):

朝鮮半島では歴史上、M6 や M7 クラスと推定される大地震も発生しています。このブログでも何度か紹介したことのある文献ですが、参考にしてください:

関連記事

2017年11月17日金曜日

近畿圏中心領域大型地震 (続報-177)


八ヶ岳南麓天文台の串田氏が 11月16日14:00 付けで更新情報を出しています ―― CH02とCH21 の静穏状態が11月初旬から継続中。第24ステージの前兆が半減:

以下は今回の更新情報のまとめです ――

推定時期前兆が完全に終息するまで確定できない。
 11月末に前兆終息 → 12月7日±
 12月初旬も前兆継続 → 12月21日±
推定時刻 午前9時±1時間 または 午後6時±3時間
推定震央領域 岐阜県愛知県長野県西部、静岡県西部、福井県、滋賀県、富山県西部、石川県南部、京都府北部など
更新情報の地図参照 (点線: 大枠推定領域、太線: 可能性が考えやすい領域)
ある程度、火山に近い領域の可能性がある。
推定規模 M7.8 ± 0.5
推定地震種 震源の深さ30km以浅の陸域地殻内地震
 

▼ 現状
  • 長期にわたってCH02とCH21(ともに八ヶ岳)に出現していた前兆変動が11月上旬に相次いで終息し、静穏正常基線に復帰。11月16日現在も正常基線を記録中であり、完全終息した可能性が高いと判断:

    • CH02: 11月4日昼過ぎの変動を最後に12日間静穏状態を継続中。完全静穏化と認識。
    • CH21: 11月7日昼前の変動を最後に9日間静穏状態を継続中。完全静穏化と認識。

  • CH17、CH20、CH26 等は継続中(?)。

▼ 考察
  • 2008年7月初旬から9年4ヵ月以上にわたって前兆が継続。これまで最長の前兆継続期間は3年3ヵ月。現在は第24ステージと認識。

  • CH21の最終変動が終わった11月7.5日を終息と認識し、対応する極大候補に経験則([極大~地震発生]:[終息~地震発生]= 3.9:1)を適用すると、地震発生日は:

    • 極大を8月10日(CH02、CH21、CH29等)とすると → 12月7日±
    • 極大を7月5.8日(CH29のPBF=連続・周期的な基線のうねり変動)とすると → 12月20日±

  • その他の前兆出現状況からも 12月7日± が算出される。

  • 11月14.4日に、CH29(八ヶ岳)も静穏化した可能性がある。この場合、9月28日(CH29)を極大、11月14.4日を終息として計算すると → 12月7日± (今後CH29が再出現した場合は無効)

  • これまで、地震発生予測日に実際の地震ではなく次のステージの極大が出現したことが何度もある。今回の地震発生予測日に実際に地震が発生するか否かは、前兆の完全終息が観測されるか否かで判断できる(前兆終息予測日は、高知観測点のK1に特異が集中出現した11月8.5日を最終極大とみなして算出):

    • 11月29.9日前兆終息 → 12月7日± 地震発生
    • 12月10.3日前兆終息 → 12月21日± 地震発生

串田氏の地震予測手法については、同氏の著書(『地震予報』、PHP新書 833)か以下の資料をご覧ください:

関連記事

小惑星 2017 VC14 が地球と月に接近


小惑星〝2017 VC14〟が11月18日に地球と月に接近します。

この小惑星は11月15日に発見されたもので、アポロ群に分類され、直径は 6~12m と推定されています。直径の小さい小惑星ほど発見が遅れ、地球接近(最悪の場合は衝突)の直前、あるいは接近・通過後になる傾向があります。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2017 VC146~12 (地球)11月18日 10:45
 (月)11月18日 18:08
1.25
1.80
(1LD=地球から月までの平均距離) 

この小惑星が最接近した時の地球との相対速度は秒速11.2km(時速約4万km)と計算されています。

このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。


関連記事

小惑星 2017 VF14 が月と地球に接近・通過


小惑星〝2017 VF14〟が、11月13日夜遅くから14日未明にかけて、月と地球に接近していたことが判明しました。

この小惑星は接近後の11月15日に発見されたもので、アポロ群に分類され、直径は 6~12m と推定されています。直径の小さい小惑星ほど発見が遅れ、地球接近(最悪の場合は衝突)の直前、あるいは接近・通過後になる傾向があります。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2017 VF146~12  (月)11月13日 21:26
(地球)11月14日 00:30
0.94
0.80
(1LD=地球から月までの平均距離) 

この小惑星が最接近した時の地球との相対速度は秒速11.9km(時速約4万3000km)と計算されています。

このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。


関連記事

2017年11月16日木曜日

小惑星 2017 VV12 が地球と月に接近・通過


小惑星〝2017 VV12〟が11月16日未明に地球に接近しました。月にも接近します。

この小惑星は11月14日に発見されたもので、アポロ群に分類され、直径は 7~15m と推定されています。直径の小さい小惑星ほど発見が遅れ、地球接近(最悪の場合は衝突)の直前、あるいは接近・通過後になる傾向があります。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2017 VV127~15 (地球)11月16日 00:13
 (月)11月16日 11:00
1.86
2.24
(1LD=地球から月までの平均距離) 

この小惑星が最接近した時の地球との相対速度は遅く、秒速6.5km(時速約2万3000km)と計算されています。

このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。


関連記事

2017年11月15日水曜日

小惑星 2017 VL2 が地球と月に接近・通過


小惑星〝2017 VL2〟が、11月9日に地球と月に接近していたことがわかりました。

この小惑星は最接近後の11月10日に発見されたもので、アポロ群に分類され、直径は 16~36m と推定されています。直径の小さい小惑星ほど発見が遅れ、地球接近(最悪の場合は衝突)の直前、あるいは接近・通過後になる傾向があります。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2017 VL216~36 (地球)11月9日 18:50
 (月)11月9日 22:46
0.31
0.99
(1LD=地球から月までの平均距離) 

この小惑星が最接近した時の地球との相対速度は秒速8.7km(時速約3万1000km)と計算されています。

このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。


関連記事

マッコウクジラが集団座礁 ― インドネシア・アチェ州


11月13日、インドネシア・スマトラ島北端部の Ujung Kareung beach(地図)で、マッコウクジラの群れが座礁しているのが見つかりました。クジラの数については、欧米の報道は10頭としているものがほとんどですが、日本では12頭となっています。

海軍も動員した徹夜の救出活動の結果、同日深夜までに5頭が海に戻り、その数時間後にさらに2頭が海に戻りました。翌日の早朝、残る3頭の死亡が確認され、さらに海に戻っていた1頭が再び海岸に乗り上げ死亡しました:

2004年12月にインド洋大津波を起こしたスマトラ島沖大地震(M9.1)は、今回の座礁地点に近いバンダ・アチェ(地図)の南南東沖で発生しています。


関連記事