2020年11月29日日曜日

小惑星 2020 SO は人工物体

12月1日、小惑星〝2020 SO〟が地球に接近します。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2020 SO5~10 (地球)12月01日 17:47
 (月)12月23日 04:11
0.13
2.16
(1LD=地球から月までの平均距離) 

この小惑星は9月9日に発見され、アポロ群に分類されています。 接近時の地球との相対速度は非常に遅く秒速 3.9km(時速約 1万4000km)と予報されています。

この小惑星は、地球とほとんど同じ軌道で地球より少しだけ外側を地球に寄り添うように移動していましたが、11月8日に地球の引力が優越する領域に入り、11月10日に地球を周回する軌道に乗りました。
 
この天体の軌道が、一般の小惑星とは違って地球と非常に似通っていること、重力だけではなく太陽光の影響を受けており密度が非常に低く中空の構造であると考えられることなどから、NASA ではこの天体は過去の探査機打ち上げに使われたロケットの一部であると考えています。
 
この天体の軌道を過去に遡って調べたところ、1966年に月面軟着陸を目指しながら月面に激突してしまった探査機サーベイヤー2号(Surveyor 2)の打ち上げに使われたセントール・ロケットの上段ブースターである可能性が高いとのこと。

半世紀以上にわたって宇宙を放浪した末に地球のそばに戻ってきたブースターは、2021年3月までゆっくりと地球の周りを2周ほどした後、新たな太陽公転軌道に入るものと予測されています。地球を周回中に分光器などを使って、この天体が人工物体であることが確認される見込みです:
 
このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。


関連記事


定置網に深海魚テングノタチ — 福井県美浜町

 
11月25日、福井県美浜町(地図)沖の定置網に、深海魚のテングノタチが入りました。 全長約 1.5m。Wikipedia には、生態について「深海魚でかつ、稀種なので詳しい事は不明 」と書かれています。

「とても珍しい魚だが、今秋は若狭湾でほかに少なくとも3例見つかっているようだ。複数の発見が何を意味しているのかは、さっぱり分からない」(越前松島水族館):


2020年11月28日土曜日

ヒマラヤ山脈の形成?

 
ツイートには「5000万年前のヒマラヤ山脈の形成(Himalayan mountain formation 50 mya)」 と書かれていますが、高架側の線路はほとんど隆起していないので、むしろ付加体(accretionary prism)の形成とした方がよいかも知れませんね。
 
関連記事

2020年11月27日金曜日

モノリス? (続報)

 
11月24日付「モノリス?」の続報です。
 
モノリスを発見したユタ州公安部は、現地に一般人が立ち入ると道に迷って救助の要請が多発する可能性があるとの理由でモノリスの位置を公表していなかったのですが、インターネット上ではすでに場所が特定され、現地には大勢の人が訪れています。
 
グーグル・マップの画像にもモノリスとその影が見えています:

2015年8月に撮影された衛星写真にはモノリスが写っておらず、2016年10月のものには写っていることから、モノリスはこの間に設置されたと考えられています。
 
報道では映画「2001年宇宙の旅」に登場するモノリスを連想させることから「ユタ・モノリス(Utah monolith)」と呼ぶことが多いようですが、フランスの報道では「オベリスク(obelisk)」 という用語が使われています:

関連記事

小惑星 2020 WC4 が月と地球に接近


11月28日、小惑星〝2020 WC4〟が月と地球に接近します。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2020 WC44~10  (月)11月28日 01:33
(地球)11月28日 18:12
1.64
1.83
(1LD=地球から月までの平均距離) 

この小惑星はアポロ群に分類されています。

直径の小さい小惑星ほど発見が遅れ、地球接近(最悪の場合は衝突)の直前、あるいは接近・通過後になる傾向があります。この小惑星が最初に観測されたのは11月24日です。

接近時の地球との相対速度は非常に遅く、秒速5.1km(時速約1万8000km)と予報されています。

現時点の予報では、月への接近時刻に ±3分の誤差が見込まれています。

このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。


関連記事

2020年11月26日木曜日

はやぶさ2 が見えた!

 
ハワイのマウナ・ケア山の頂上にある「すばる望遠鏡」 が11月20日(現地時間)、地球に向かって 580万km(地球から月までの距離の約15倍)彼方を飛行中の小惑星探査機「はやぶさ2」を捉えました:

動画の方は見分けにくいですが、画面中央を右下方向に移動している非常に小さな白い点が「はやぶさ2」です。
 
小惑星の物質が入っているカプセルは「はやぶさ2」本体から分離され、12月6日にオーストラリアのウーメラ地区に落下することになっています。午前3時30分〜4時30分の間に大気圏に突入し、マイナス7〜9等級程度の明るさの火球が見えると予測されています。大気圏に突入するのはカプセルだけで、「はやぶさ2」本体は別の小惑星を目指して飛行を続けるため、前回の時のように複数の火の玉が見えることはないとのことです。
 
 
関連記事
 

2020年11月25日水曜日

橋がずれる — 山口県上関町 (続報)

 
20年11月15日付「橋がずれる — 山口県上関町」の続報です。
 
まだ原因はわかっていませんが、現地で調査をした山口大大学院の麻生稔彦教授(橋梁工学)は「本土の室津半島側の桁が約 20センチせり上がり、逆に橋中央部がシーソーのように約 1センチ沈んでいた」「橋本体にひび割れなどの重篤な損傷は見られない。初めて見るケース」と話しています:
 
以下の2本の記事には、橋の構造の概略とどのようにずれたのかを示すが掲載されています。
 
「上関大橋では、室津側(本州側)から長島側に渡るさいの橋の入り口付近で、手前の道路に対して橋が浮き上がるようにして約 20㌢(幅 8・8㍍)の段差ができた」「桁中央のヒンジ部分に 1cm ほどの沈下が見つかった。北側(本州側)の橋脚を中心に、桁が回転するように動いたとみられる」「(地震被害などを除けば)桁がこれほど動くのは見たことがない」:

図を見ると、橋の中央部に想定外の荷重がかかったように見えます。重量制限を大幅に超えた車両が通過したのでしょうか。
 
なお、長島の南端部には原子力発電所の建設が予定されていますが、活断層の有無を調査するためのボーリングは滞っています:


2020年11月24日火曜日

モノリス?

 
11月18日、米国ユタ州公安部(Utah Department of Public Safety)のヘリコプターが、同州野生生物資源局(Division of Wildlife Resources)からの依頼を受けて、同州南部の人里離れた地域で野生のオオツノヒツジ(bighorn sheep)の個体数を上空から数えていたところ、奇妙な物体を見つけました:

誰が何のためにこのようなものを設置したのでしょうか。


関連記事

近畿圏中心領域大型地震 (続報-227)

 
八ヶ岳南麓天文台の串田氏が 11月23日17:00付で更新情報を出しています:
 
今回の更新情報をまとめると次のとおりです:
  • 前回の更新情報では「11月23日± に前兆変動終息した場合 → 12月3日± に地震発生の可能性」と述べたが、11月23日午後段階でも前兆変動は継続中。

  • 前兆変動の変化関係の認識が誤っていたことが確実。前兆変動の変化を見直し、再検討。

  • 最も早い場合、来年3月3日± に対応地震発生の可能性。

    • 19年8月8.0日極大、20年10月8日終息 → 3月4日±3日発生 (経験則 *1)
    • 19年12月23.2日極大、20年11月10日終息 → 3月1日±3日発生 (経験則 *1)
    • 19年11月18日初現、20年5月1.5日極大 → 3月3日±3日 (経験則 *2)

  • この認識が正しい場合、経験則より、今年5月1日に現れた極大に対応する前兆変動の終息が 12月15日± に観測されると推定。

  • 少なくとも来年3月より前に対応地震が発生する可能性は否定できる。

推定時期3月3日±3日が考えやすいが、12月15日± に前兆変動終息がない場合は再考する。
推定時刻 午前9時30分±1時間30分 または 午後5時±3時間
推定震央領域 続報 No.291」所載の図2、図3を参照
推定規模 M7.8 ± 0.5
推定地震種 震源が浅い陸域地殻内地震、火山近傍の可能性が高い


(*1) [極大〜発生]:[終息〜発生] = 3.9:1
(*2) [初現〜発生]:[極大〜発生] = 20:13
 
 

2020年11月23日月曜日

大量のハマグリが打ち上げられる — 千葉県・九十九里浜 (補足)

 

地震前に貝類に何らかの異常が見られたとする証言や記録は、他の動物に比べると非常に少ないです。上記の記事では、関東大地震(関東大震災)前の事例を 2つ紹介しましたが、以下は兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)と東南海地震の前の事例です。前者は『阪神淡路大震災 前兆証言 1519!』(弘原海清編著、東京出版株式会社、1995)、後者は『地震前兆現象 予知のためのデータ・ベース』(力武常次著、東京大学出版会、1986)からの引用です。
 
▼ 兵庫県南部地震(阪神淡路大震災) M7.3 1995年1月17日
  • 高槻市・緑地資料館(震央からの距離約 60km)「104種類に及ぶ淡水魚や貝類の中に自殺行動や逃亡、産卵遅れなど多くの異常現象が見られた」

  • 和歌山市加太海岸大川(震央からの距離約 35km)「1月8日午前11時頃、和歌山市加太海岸(大川)で大型の貝(ホタテ貝類)が 7〜8個貝がらを開いた状態で海岸に打ち上げられていた。死後 7〜8時間ほどの様に思われ、“春一番の後でもないのに不思議だな”と 2人で話した。1月15日ちょうど 1週間後昼すぎ同じ場所で再び同類の貝が 5個、死後 7〜8時間と思われるのを発見した。また、同時に特大の伊勢エビ(全長 30〜38cm位)3尾が波打ち際に打ち上げられていた」

▼ 東南海地震 M7.9 1944年12月7日
  • 静岡県榛原地区(震央からの距離 180km、地図)「その前に海岸で貝類(ナガラミ)が採れたとのことがあったとか、その量が多かったとのことです(榛原地区の教員から聞いた)」