2021年1月24日日曜日

小惑星 2018 BA3 が月と地球に接近


1月25日、小惑星〝2018 BA3〟が月と地球に接近します。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2018 BA315~33  (月)1月25日 10:10
(地球)1月25日 19:28
1.39
1.47
(1LD=地球から月までの平均距離) 

この小惑星はアポロ群に分類されています。

直径の小さい小惑星ほど発見が遅れ、地球接近(最悪の場合は衝突)の直前、あるいは接近・通過後になる傾向があります。この小惑星が最初に観測されたのは 2018年1月18日です。

接近時の地球との相対速度は秒速 8.1km(時速約 2万9000km)と予報されています。

この小惑星が最後に観測されたのは 2018年1月27日です。それ以来観測されておらず、観測データが少ないので軌道計算の精度が低く、現時点の予報では月への接近時刻に ±7時間21分、地球への接近時刻に ±7時間22分の誤差が見込まれています。接近距離についても同様で、最悪の場合、月へは 0.06LD、地球へは 0.71LD まで近づく可能性があるとされています。

このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。


関連記事

2021年1月23日土曜日

光速で伝わる音波?

 
1月20日午後8時30分すぎ、関東・東海・近畿などで火球が観測されました:
 
この火球が出現した際、神奈川県平塚市の博物館学芸員は不思議な現象を観測していました。「光ると同時に鳴る音があって」、「『ピコッ』という音が、光が強くなると同時に聞こえます。なぜ同時に音が鳴るのかは、 わかっていないということです」:

以下のページには「流星が発光するときの高度は地上 100~200km くらい」、「消滅する高度は 70~90km くらい」、「火球と呼ばれるものは、質量が大きく消滅点が高度 40~50km になることもあります」とあります:
 
仮に今回の火球の出現場所と観測地点の間の距離が 40km であったとすると、通常の音速では伝わるのに 2分間近くかかります。火球から音波が伝わって来たと考えるよりは、火球が明るく輝いたときの光(あるいは電磁波)が観測者周辺の物体に影響を与えて音が発生したと考えるべきなのかも知れません。
 
 
関連記事

2021年1月21日木曜日

黄海で M4.6

1月19日午前3時21分ごろ、黄海の中央部で M4.6、震源の深さ 12km の地震がありました(震央地図)。韓国では首都圏などで揺れを感じ、消防当局への通報が相次いだ、とのことです:


関連記事

アースクエイク・ヨガ

 プレートに歪みが蓄積する様子や、さまざまな地震波(P波、S波、ラブ波、レイリー波)などを体を使って表現しています。ストレスや緊張を解消できるようです:

 

地震石

 
石川県羽咋市にある気多大社(地図)で 1月11日におこなわれた「門出(かどいで)式」という神事についての記事をたまたま見かけたのですが、この神事では「早朝に宮司らが境内入り口の地震石に拝礼して巡拝を始め」るのだそうです: 
 
地震石は「神の降臨の際に出現した自然石」で、「“地震おさえの石”であり、能登地方に地震が少ないのはこの石のおかげであると言われている」とのこと:
 
気多大社は北東-南西に延びる邑知潟断層帯(地図)の南西端近くにあります。北東端には気多本宮(能登生国玉比古神社、地図)があり、断層帯を両側から挟む配置になっています。政府地震調査研究推進本部の資料によると、この断層帯では M7.6 程度の地震が 30年以内に発生する確率が 2% とされています。
 
鹿島神宮(地図)と香取神宮(地図)にある要石も地震の発生を抑えている(地震を起こす大ナマズの頭と尾を押さえつけている)と言われています:

気多大社(地図)は能登半島の根元付近の外海側、鹿島神宮は房総半島の根本付近の外海側にあり、能登半島と房総半島は本州の中央付近を中心として点対称の位置関係にあります。地震石と要石も同様の位置関係にあるわけで、なんだか不思議な感じがします。
 
 
関連記事
 
 

小惑星 2020 YE5 が月と地球に接近


1月22日、小惑星〝2020 YE5〟が月と地球に接近します。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2020 YE518~40  (月)1月22日 17:21
(地球)1月22日 23:08
1.93
1.14
(1LD=地球から月までの平均距離) 

この小惑星はアポロ群に分類されています。

直径の小さい小惑星ほど発見が遅れ、地球接近(最悪の場合は衝突)の直前、あるいは接近・通過後になる傾向があります。この小惑星が最初に観測されたのは12月18日です。

接近時の地球との相対速度は秒速10.5km(時速約3万8000km)と予報されています。


このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。


関連記事

2021年1月20日水曜日

近畿圏中心領域大型地震 (続報-229)


八ヶ岳南麓天文台の串田氏が 1月18日16:00付けで更新情報を出しています:

以下は今回の更新情報のまとめです:
前回の更新情報(12月23日付)では、最も早い場合の該当地震発生時期として 3月4日前後が考えられるとした。しかし、終息したと判断していた前兆変動が年末に再出現 。したがって、3月4日前後の発生の可能性は否定される。

前兆変動の出現状況を再考した結果、最も早い場合の発生時期として 5月の可能性が考えられるが、2月下旬に前兆変動の終息があるかなど確認すべきことがあり、未確定。

少なくとも 4月末以前の該当地震発生は否定できる。

推定時期最も早い場合、5月の可能性があるが未確定。2月下旬に前兆変動終息があるかなどを確認する必要あり。
推定時刻 午前9時±1.5時間 または 午後5時±3時間
推定震央領域 長野県北部、群馬県、栃木県西部、新潟県南部など
続報 No.293」所載の地図参照
推定規模 M7.8 ± 0.5
推定地震種 震源が浅い陸域地殻内地震、火山近傍の可能性が高い


今回の更新情報には、2020年の予測結果のまとめも記載されています(更新情報の円グラフ参照):

  •  M5.0 以上の地震発生数: 66

  • 観測網(八ヶ岳南麓、秋田観測点、高知観測点) がカバーする領域内、かつ検知可能な規模(減衰補正後の前兆規模 M5.1以上)であった地震: 13

  • 前兆検知数: 13

  • 3要素(時期、場所、規模)とも予報成功: 9(69.2%)

  • 1要素が外れた予報: 3(23.1%)

    • 4月12日 茨城県南部 M5.0[M5.5 と予報、規模推定に失敗]
    • 6月20日〜 浅間山火山活動[6月19日〜 と予報、時期推定に失敗]
    • 9月27日 静岡県西部 M5.1[静岡県中部と予報、No.1778 長期継続前兆が混入したため領域推定に失敗]

  • 予報を出せずに地震発生: 1(7.7%)[No.1778 長期継続前兆との識別が困難であった]

  • 予報したにもかかわらず地震発生せず: 0 

  • 予報失敗の主因は No.1778 長期継続前兆との識別が困難であったため。

  • 前兆はすべて検知できていた(検知成功率 100%)

関連記事

2021年1月19日火曜日

クジラが回遊 — 三重県鳥羽市

 
1月18日、三重県鳥羽市の坂手島(地図) の沖合でクジラが回遊しているのを海上保安部の巡視艇が見つけました。ザトウクジラとみられ、体長 10〜15m。この海域では昨年12月下旬ごろからクジラの目撃情報が寄せられていましたが、鳥羽港の周辺海域でクジラが見られるのは珍しいとのことです。

「迷い込んだのではなく、餌を探しに来たとみられ、しばらくいる可能性もある」(鳥羽水族館):

関連記事

砂嵐と波状雲

 
アメリカ海洋大気庁(NOAA)が運用する静止気象衛星 GOES-East(GOES-16)が、コロラド州とカンザス州の境界付近上空から撮影した砂嵐(ダスト・ストーム)と波状雲です。大気重力波の様子がよくわかります。約 2時間の変化が 3秒のループ動画になっています:
 
 
 
関連記事
 

2つの小惑星が月と地球に接近

 1月20日、小惑星〝2021 BO1〟と〝2021 BK1〟が月と地球に接近します。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2021 BO14~9  (月)1月20日 06:40
(地球)1月20日 11:17
1.13
0.65
2021 BK116~35 (地球)1月20日 21:56
 (月)1月20日 23:50
1.24
0.34
(1LD=地球から月までの平均距離) 

BO1 と BK1 はアポロ群に分類されています。

直径の小さい小惑星ほど発見が遅れ、地球接近(最悪の場合は衝突)の直前、あるいは接近・通過後になる傾向があります。BO1 が最初に観測されたのは 1月18日、BK1 が最初に観測されたのは 1月17日です。

接近時の地球との相対速度は、BO1 が秒速 10.2km(時速約 3万7000km)、BK1 は極めて高速で秒速 26.8km(時速約 9万6000km)と予報されています。 

BK1 の地球への接近時刻には ±2分、月への接近時刻には ±3分の誤差が見込まれています。

このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。


関連記事