2021年5月11日火曜日

水星は太陽系最大の「彗星」

 
水星から伸びるナトリウムの尾を捉えた写真です。水星の尾にはナトリウム以外にも多くの種類の元素が含まれていますが、ナトリウムは黄色の光を散乱させやすいため撮影対象として選ばれるようです:
 
撮影者のコメントは以下のとおりです:
一年ぶりの再挑戦です。太陽からの最大離角[注1]が近づき、空の状態はまだベストではありませんが、水星のナトリウムの尾はすでにはっきりと見えています。撮影機材は以前と変わらず、ステラビュー 66/400 屈折望遠鏡、ウィリアム・オプティクス 0.8倍レデューサー[注2]、589nm フィルター、ペンタックス K3-II、ISO1000です。撮影場所は、イタリア・フロジノーネ県ベローリ市(地図)の中心部にある自宅のバルコニーです。
 
水星の尾は、水星が近日点から ±16日の位置にあるときに最も明るくなるそうで、直近では 5月13日。その日には、水星の尾は上の写真が撮られたときよりも 10倍程度明るくなる可能性があるとのことです。
 
[注1] 5月17日14時54分、東方最大離角。水星が太陽の東に 22.0° まで離れます。この日を中心とした時期は、ふだん太陽に近すぎて見づらい水星を観望する好機です。日没直後の西空の低い位置に水星が輝いています。短時間で太陽を追うように地平線下に沈んでしまうので、地動説を唱えたコペルニクスは水星を生涯一度も見たことがなかったそうです。

[注2] レデューサーは、天体望遠鏡の焦点距離を短くして、光学系の F値を明るくする補正レンズです。
 
 
関連記事 

2021年5月10日月曜日

中国の大型ロケットが制御不能、大気圏突入へ (続報-7)

 
 
昨日、中国の大型ロケット「長征 5B」が制御されない状態でインド洋に落下した件について、米国航空宇宙局(NASA)のビル・ネルソン長官が非難する声明を発表しています。中国は馬耳東風、馬の耳に念仏、蛙の面に○○で、今後も新宇宙ステーションの建設に邁進し、長征 5B ロケットの成り行き任せの落下を繰り返すのでしょうが:
 
曰く ——
宇宙開発に携わる国家は、宇宙物体の大気圏突入による地球上の人々や財産へのリスクを最小限に抑え、その運用に関する透明性を最大限に高めなければならない。
 
中国がスペースデブリに関して責任ある基準を満たしていないことは明らかである。
 
宇宙における活動の安全性、安定性、セキュリティ、および長期的な持続可能性を確保するために、中国およびすべての宇宙開発を推進する国家と営利団体が、宇宙空間において責任と透明性のある行動をとることが重要である。 

ビル・ネルソン氏は元上院議員で、1986年にはペイロード・スペシャリストとしてスペース・シャトル「コロンビア」で宇宙飛行を経験しています。


関連記事
 

小惑星 2021 GK1 が地球と月に接近

 
5月12日、小惑星〝2021 GK1〟が地球と月に接近します。

小惑星 推定直径
(m)
接近日時
(日本時間)
接近距離
(LD)
2021 GK110~23 (地球)5月12日 02:22
 (月)5月12日 22:56
1.48
0.97
(1LD=地球から月までの平均距離) 
 
この小惑星はアポロ群に分類されています。
 
直径の小さい小惑星ほど発見が遅れ、地球接近(最悪の場合は衝突)の直前、あるいは接近・通過後になる傾向があります。この小惑星が最初に観測されたのは3月15日です。
 
接近時の地球との相対速度は極めて遅く、秒速 2.0km(時速約 7200km)と予報されています。
 
このブログでは、原則として地球から2LD以内に近づく小惑星を記事にしています。2LDよりも離れたところを通過する小惑星まで含めると、毎日数個は地球に接近しています。直径が1kmを上まわる大きな小惑星は、概ね30LDよりも遠いところを通りすぎて行きます。白亜紀末に恐竜を絶滅に追いやったとされる小惑星(あるいは彗星)の直径は少なくとも10kmはあったと推定されています。 
 
 
関連記事
 

2021年5月9日日曜日

中国の大型ロケットが制御不能、大気圏突入へ (続報-6)

 
 
米国宇宙司令部(U.S. Space Command)の公式発表です。中国の大型ロケットは午前11時15分(日本時間)ごろにアラビア半島の上空で大気圏に突入したとしています。精確な衝突地点および破片の広がった範囲は現時点で不明であり、米国宇宙軍が発表する予定はない、とのことです:
 
関連記事

中国の大型ロケットが制御不能、大気圏突入へ (続報-5)

 
 
 中国のネットでは、02:24 UTC(日本時間 11:24)にインド洋のモルジブ諸島上空(北緯 2.65°、東経 72.47°、地図)で大気圏に突入したという情報が流れているようです。
 
 
関連記事
 

中国の大型ロケットが制御不能、大気圏突入へ (続報-4)

 
 
現在出されている大気圏突入時刻の予測です。U.S. Space Command / Space-Track.org と EU Space Surveillance and Tracking は最終予測だとしています。3者の予測時間帯にはロケットは日本上空を通過しません:

組織 大気圏突入時刻(協定世界時)
U.S. Space Command
Space-Track.org
5/9 02:04 ± 60 min
(5/9 11:04)
EU Space Surveillance and Tracking
5/9 02:32 ± 139 min
(5/9 11:32)
Aerospace Corporation
5/9 03:02 ± 2 hours
(5/9 12:02)
(括弧内は日本標準時) 
 
 
関連記事
 

2021年5月8日土曜日

中国の大型ロケットが制御不能、大気圏突入へ (続報-3)

 
 
現在出されている大気圏突入時刻の予測です。U.S. Space Command / Space-Track.org の予測が変更されました。まだ、かなり幅があります:

組織 大気圏突入時刻(協定世界時)
U.S. Space Command
Space-Track.org
5/9 02:52:00 ± 360 min
(5/9 11:52)
EU Space Surveillance and Tracking
5/9 00:24 ± 361 min
(5/9 09:24)
Aerospace Corporation
5/9 04:19 ± 8 hours
(5/9 13:19)
(括弧内は日本標準時) 
 
 
関連記事
 

マウナ・ロア山の最近の動き — ハワイ

 
米国・ハワイ島にあるマウナ・ロア山(地図)は地球最大の活火山です。同じ島にあるキラウエア山は活発で現在も噴火中であるのに対して、マウナ・ロア山は 1984年に噴火して以来、37年間にわたって比較的静穏な状態が続いています。1984年の噴火では、北東地溝帯から流れ出た溶岩がヒロ市(地図)から 7km 以内にまで迫りました。地質学的な記録によると、マウナ・ロア山は平均して 7年ごとに噴火していますが、最近は西側の山腹で群発地震が発生するなど、変化の兆しが現れています。

以下の記事は、米国地質調査所(USGS)のハワイ火山観測所(HVO)が 5月6日付で出したマウナ・ロア山の最近の動きを記した文書です:
 
主要部分を抜粋、テキトー訳してみました:
マウナ・ロア山で最近起きている地殻変動や地震活動の変化は、2004年に始まったとされる一連の活動の最新のものである。当時、全地球測位システム(GPS)の観測装置は、震源が非常に深い地震を伴って山頂直下のマグマ溜まりが膨張していることを示していた。この現象は数ヶ月続いた後、マウナ・ロア山は通常の活動状態にもどった。2014年に再び山頂の膨張が始まり、今度は浅い地震を伴っていた。それ以来、2018年に短い休止期間があっただけで、この傾向はずっと続いている。 

過去 6ヶ月間、マウナ・ロア山の西麓での地震活動が活発化し、山頂の地殻変動パターンに変化が見られた。 これらの変化は小さなもので、時にはノイズ・レベルをかろうじて上回る程度だが、マグマ・システムに重大な変化が生じていることを示しているのかも知れない。
 
ここ数ヶ月間に得られた 3つの観測事実が特に興味深い(地球物理学者にとっては)。

1つ目は、2020年10月以降、マウナ・ロア山頂の地殻変動の方向が 2回逆転し、外向き(膨張)と内向き(収縮)を繰り返していること。 最近の収縮時には、マウナ・ロア山頂のカルデラ(Mokuʻāweoweo)の直径が約 1.5cm 短くなった。これは、これまでの膨張量に比べれば小さいが、このような突然の反転は、現代の観測機器によるマウナ・ロア山の観測ではこれまで見られなかった新しい現象である。

2つ目の観測は、3月6日に Mokuʻāweoweo で発生したマグニチュード 3.2 の小規模で浅い地震。衛星からのレーダー観測によって、この地震によってカルデラの一部が 10cm 近く沈下したことが確かめられた。 これはマグニチュード 3.2 の地震としては非常に珍しく、断層の滑りが地表まで達した可能性があることを示している。

3つ目の観測結果は、最も小さいものだが、最も意味のあるものかもしれない。 3月23日から、マウナ・ロア山頂付近の傾斜計で、約 5マイクロラジアンの傾きの変化が観測された。キアラウエアでこの程度の傾斜変動が見られることは珍しくないが、マウナ・ロア火山系の変化に起因する可能性のある傾斜信号はこれまで観測されたことがなかった。マウナ・ロア山では、昼夜や季節による気温の変化や降雨による傾斜の変化は観測されていたが、火山の地殻変動によるものは観測されたことがなかった。

現在、マウナ・ロア山は噴火しておらず、噴火警戒レベルは ADVISORY[4段階中の下から2番目]。この警戒レベルは、噴火が差し迫っていることを意味するものではなく、また、現在の不安定なレベルから噴火への進行が確実であることを意味するものでもない。

先週、マウナ・ロア山の地下で約118回のマグニチュードの小さい地震が記録されたが、そのほとんどは山頂や上層部の地下 8km 未満で発生している。
 
 

中国の大型ロケットが制御不能、大気圏突入へ (続報-2)

 
 
現在出されている大気圏突入時刻の予測です。まだ、かなり幅があります:

組織 大気圏突入時刻(協定世界時)
U.S. Space Command
Space-Track.org
5/8 23:13:00 ± 540 min
(5/9 08:13)
EU Space Surveillance and Tracking
5/9 00:24 ± 361 min
(5/9 09:24)
Aerospace Corporation
5/9 04:19 ± 8 hours
(5/9 13:19)
(括弧内は日本標準時) 
 
 
関連記事
 

2021年5月7日金曜日

中国の大型ロケットが制御不能、大気圏突入へ (続報)

 
 
前の記事では、宇宙ステーションの中核部分を軌道に乗せたロケットが制御不能に陥った、というふうに書きました。しかし、中国にはこのロケットの落下を制御する気は初めからなく、したがって制御するための機能も搭載されていない、というのが真相のようです。
 
「2020年5月5日、中国は今回と同じ長征5号Bロケットで宇宙船の試験機を打ち上げた。このときにもロケットのコアステージが軌道上に残り、5月11日に制御されずに太平洋[注:大西洋の誤り]へ落下して一部が西アフリカのコートジボワールで発見された。人的被害は報告されていないものの、NASAのブライデンスタイン長官(当時)は『非常に危険だ』と中国を批判し、巨大なロケット再突入の際の安全対策を求めた」、
「長征5号Bロケットは中国独自の宇宙ステーション構築のため、複数回の打ち上げが予定されている。前回の打ち上げでは、試験機的な位置づけで今後の打ち上げに備えて制御落下の機能を組み込むことが期待された。しかし、今回の再突入予測から、明らかな制御落下の兆候や中国からの公式発表はないことから、制御されていない再突入を継続するものとみられている」:
 
関連記事