2024年6月24日月曜日

タケの開花・一斉枯死 相次ぐ — 兵庫県尼崎市、福島県三春町・須賀川市・矢祭町、愛媛県松山市

 
タケの開花や一斉枯死が相次いで報じられています。
 
▼ 兵庫県尼崎市 元浜緑地(地図)、クロチク:
 
▼ 福島県三春町(地図)・須賀川市(地図)・矢祭町(地図)、ハチク 「前回の大規模な開花の記録は1902年から1908年ということで、開花周期を考えると2028年ごろまでは各地で竹の開花が予想される」:

▼ 愛媛県松山市(地図)、クロチク 「明治期以来の「一斉開花」の周期に当たる近年は全国で開花が相次ぎ、県内でも複数の報告が寄せられている」:
 

2024年6月22日土曜日

6月23日

 
 ▼ 1944年6月23日、昭和新山地図)誕生
 
前年末からの地震、地面の隆起、湧水の温度上昇、洞爺湖に巨大な渦巻きが発生、川底の隆起による川の氾濫などの現象に続いて 6月23日08時15分に第1次大噴火が発生、第1火口が形成された。平坦な麦畑だった場所に新たな火山が誕生した。
 

異様に低高度の満月

 
6月22日10時08分、満月となりました。
 
毎年、夏至の時期の満月は低い高度(地平線からの角度)で輝きます。なぜかというと、夏至の時は太陽の高度が 1年で最も高い位置にあるのに対して、地球を挟んでその対極にある満月は逆に最も低い位置にあるからです。以下は国立天文台の解説です:
 
夏期の満月の高度が低いのは毎年のことですが、今年は例年よりもさらに低くくなります。実に約 19年ぶりの低さとのこと。これは天球上の太陽の通り道である黄道と月の通り道である白道の位置関係が約 19年の周期で変化するためです。詳しくは以下のテレビ東京の YouTube 動画をご覧下さい:
 
関連記事
 

2024年6月21日金曜日

夏至

 
今日は夏至。夏至は「夏至る」つまり「夏になった」との意ですが、天文学的には太陽の黄経が 90° になった瞬間(6月21日05時51分)を指します。
 
昼間の長さが1年で最も長く、夜が最も短い日とされていますが、日の出の時刻が最も早く、日の入りの時刻が最も遅いというわけではありません。以下の表は国立天文台のウェブサイトに掲載されているものですが、日の出の時刻は夏至よりも前に最も早くなり、日の入りの時刻は夏至よりも後に最も遅くなることがわかります:
 
さらにこの表からは、夏至の日に日の出と日の入りの方角が最も北に偏ること、太陽の南中高度が最も高くなることがわかります。
 
 
 
関連記事
 

八幡平: 山頂付近がやや隆起

 
岩手県が6月20日に開いた「岩手県内の火山活動に関する検討会」において、「去年8月から11月にかけて衛星の観測によって、八幡平(地図)の山頂付近がやや隆起したデータが出ていて、次回以降、八幡平の活動状況も検討する」ことになったとのことです:
 
八幡平は活火山ですが、常時観測火山とはなっていないようです。有史以降の噴火の記録はありません。周辺には岩手山、秋田焼山、秋田駒ヶ岳がありますが、いずれも常時観測火山です。
 
気象庁の『八幡平の火山活動解説資料(令和6年3月)』(PDF形式)には、山頂付近の隆起に関する記述はありませんが、『令和5年(2023年)の八幡平の火山活動』(PDF形式)には以下のような記述があります:
 
GNSS連続観測で認められていた2020年中頃からの八幡平(及び秋田焼山)を挟む基線の伸びの変化は、2022年終わり頃から鈍化しています。

2024年6月20日木曜日

イルカが港に迷い込む — 宮崎県宮崎市

 
 6月19日、宮崎県宮崎市の宮崎港(地図)にイルカが迷い込んでいるのが見つかりました。前日から港の周辺で目撃されていたようです。体長約 2m で、カズハゴンドウとみられています。

「通常は群れで生活していますが、体調不良などで群れからはぐれ、港に迷い込んだのでは」(宮崎大学・西田伸教授):
 

小惑星 2024 MK が地球と月に接近

 
6月29日深夜から 30日朝にかけて、小惑星〝2024 MK〟が地球と月の近くを通過します。地球に近づく小惑星としては非常に大形で、NASA ではこの大きさの小惑星が今回のような距離まで地球に近づくのは "rarity=3"(10年に1度程度の出来事)と評価しています。
 
2024 MK (2024年6月19日付予報)
接近日時(日本時間)
(地球)6月29日 23:15
 (月)6月30日 07:27
接近日時 誤差
(地球)± 4時間49分
(月)± 4時間45分
接近距離 (地球)0.77 LD
(月)0.89 LD
推定直径
130 ~ 290 m
対地球相対速度
9.4 km/s ≅ 3万4000 km/h
初観測から地球接近まで53 日
次の地球接近
公転周期1221 日 ≅ 3.34 年
分類
アポロ群
 (1LD=地球から月までの平均距離)
 
このブログでは、原則として地球から 1LD 以内に近づく小惑星を記事にしています。
 
 

2024年6月19日水曜日

6月20日

 
明治東京地震 1894年6月20日14時04分 M7.0、震源の深さ 40〜80km、最大震度 6 (震央地図

東京都東部:『東京地震』:青森から中国・四国地方まで地震を感じた。東京・横浜の被害が大きかった。神田・本所・深川で全半壊多く、東京で死24。川崎・横浜で死7。鎌倉・浦和方面にも被害があった。(『理科年表』)
 

リュウグウノツカイ捕獲 — 福岡県福岡市

 
6月13日昼すぎ、福岡県福岡市の小呂島(地図)の漁港で、リュウグウノツカイが見つかりました。体長約 20cm の幼魚で、生きた状態で捕獲されましたが、約 2時間後に死んだとのことです:
 
下の動画では、画面の左側が海面、右側が海底だと思われます。つまり、リュウグウノツカイは立った状態で泳いでいるようです:
 
 
 

2024年6月18日火曜日

6月18日

 
大阪府北部地震 2018年6月18日07時58分 M6.1、震源の深さ 13km、最大震度 6弱 (震央地図

山形県沖の地震 2019年6月18日22時22分 M6.7、震源の深さ 14km、最大震度 6強 (震央地図